究極のソロキャンプ「ブッシュクラフト」とは?

ソロキャンプ上級者の中でムーブメントとなっているのが「ブッシュクラフト」。
持ち込む道具は必要最低限におさえ、極力自然の中にある素材を利用してアウトドアを楽しむというキャンプスタイルです。

「自然の中で生きる知恵を身につける」ことが主な目的。
木材をロープで括りつけてランタンポールや飯盒スタンドを作ったり、上級者ともなるとチェアやリビングまでをも同じようにして作り上げてしまう。

ソロキャンプ魂を揺さぶられるブッシュクラフト。まずは3つの必須アイテムからチェックしましょう!


火おこし

火おこしは、ブッシュクラフトの基本とも言える重要事項。着火剤や新聞紙は使わず、ナイフ・薪・麻ひも(薪を縛るため)・ファイヤースチールだけで焚き火がおこせれば、ブッシュクラフトへの第一歩です!薪は焚き火に適したものが見つかるとも限らないので、購入していくのが良いですが、現地で収集した枯れ枝などで火をくべると雰囲気も出そうですね。

キット

着火ツール

火吹き棒(ふいご)

着火剤

着火木材

グローブ

ナイフ

ブッシュクラフトはナイフ無くして成り立ちません。ナイフはそれくらい重要なアイテムです。火種となるフェザースティックを作ったり、薪を割ったり、調理に使ったり、お箸や串などを自作することも可能。幅広い用途で活用できます。さらにブッシュクラフトの達人レベルになると、ナイフ・その他の道具を使ってククサまで作ってしまうとか!

ブッシュクラフトナイフは、刃の素材や形状によって、使い勝手が大きく異なります。ブッシュクラフト初心者の方は、ステンレス製のモデルを選べばメンテナンスの手間を軽減できるのでおすすめです。正確にモノを切るためにも、グリップの握りやすさや滑りにくさも重要なポイントなので必ず押さえておきましょう。

ナイフ

水筒/調理器具

コーヒーを飲んだり料理をしたりと一般的なキャンプと同じく、ブッシュクラフトにおいても水は絶対に必要です。多くのブッシュクラフターが愛用しているのが、キャンティーンカップ。水を飲むための道具としてだけでなく、ステンレス製のため調理にも使えるとあって非常に便利です。また焚き火フライパンは、ハンドルを現地調達で自作できる、ブッシュクラフター・キャンパーの心をくすぐる作業で大人気。『手間』を『遊び』に変える、楽しい時間と利便性を両立できます。

キャンティーンクッカー

フライパン

鍋ふた/蓋

ゴトク/五徳