キャンプの楽しみと言えば「キャンプ飯」。料理に便利な調理器具を紹介します。

キャンプの楽しみと言えば「キャンプ料理」。野外で食べる料理の味は格別です。
キャンプでは、最低限の調理器具で料理を作る必要があります。
そのため、なるべく使い勝手のいい道具を揃えることが重要なポイントとなります。
キャンプ飯を作るために、揃えておきたい調理器具をご紹介します!


シェラカップ

シェラカップは、ドリンクや料理を注ぐ器としてだけでなく、「沸かす・焼く・煮る」のすべてが可能なアウトドア調理器具です。シェラカップは、ステンレスやチタンなどの錆びにくい素材でできているので、使用後は「洗う・乾かす」といった最低限のメンテナンスだけで長く使用することができます。シェラカップ同士を重ね合わせることで、スッキリ収納ができ、かさばりません。このスタッキングのしやすさや取っ手が付いていてどこにでも引っ掛けられる点など、まさにキャンプ向きのアイテムと言えます。

シェラカップ

クッカー

クッカーは、使用する人数に合わせて最適なモデルを選ぶのがポイントです。ファミリーでアウトドアを楽しみたい方は、鍋やフライパンなどがセットになっているモデルがおすすめ。なかでも、積み重ねてコンパクトに収納できるモデルが最適です。

素材にアルミが使われているクッカーは、熱伝導率が高いのが特徴です。あたたまるのが早く、調理しやすいうえ、安価なモデルが多いため初めてクッカーを使う方にも最適。軽量で携帯性にも優れています。一方で、保温性が低く、料理がすぐに冷めてしまうのがデメリット。また、強度も低いため、取り扱いには注意しましょう。
ステンレス製のクッカーは、サビに強く耐久性に優れているのが特徴です。また、保温性も高いので、調理した料理が冷めにくいのもおすすめポイント。ラーメンやスープなどの料理に適しています。ただし、ほかの素材のモデルよりも重く、熱伝導率が低いのがデメリット。調理に時間がかかり、焦げ付きやすいので注意が必要です。

クッカー

ライスクッカー

クッカースタンド

フライパン・スキレット

鉄製のフライパン・スキレットは、耐久性に優れており強い火力で調理できるます。高温で調理できるので食材にサッと火が通り、余計な水分を出さないので野菜がシャキシャキに仕上がります。お肉は旨味を逃さず表面はカリッと、中はジューシーに焼き上げることができます。

フライパン

スキレット

鍋フタ

鉄板

グリルプレート

ストーブ/バーナー

シングルバーナーは、安定感が無いので、本格的な料理を作るには不向き。コーヒーなどのお湯を沸かしたり、簡単な料理を作るのに使用するのがおすすめ。小型なので携帯に便利なのがポイントです。幅の広い五徳があれば、安定感もあり幅広い料理に対応できます。

ストーブ/バーナー

ゴトク/五徳

ホットサンドメーカー

キャンプには直火用のホットサンドメーカーがおすすめ。直火で作るホットサンドは格別のおいしさです。フタ付きで、しっかりと閉じることでフライパンとしても使用できます。ちょっとしたおつまみなどは、フライパンや鍋フタがなくても、ホットサンドメーカーで作ることで出来ます。上下が分離できるので、それぞれフライパンとして調理できるのもポイント。様々な調理に使用できるので、キャンプには本当に重宝します。

ホットサンドメーカー

調理台

焚き火も料理も、ストレスなく両方楽しみたい。ツーバーナー感覚で2つの調理器具を並べられますし、グリルが分かれているので、下にもってくればオーブン調理が可能になっています。

調理台

その他・調理器具

風の強い日など調理に便利な防風アルミパネルから、自在に折りたたみできるトングなどアウトドア調理に便利なアイテムも多数ご用意しております。

BBQロングフレーム

防風アルミパネル

トング